2020年11月16日

座HOLE 鑑賞記とか


どうもです。

先日、名古屋の人気ダンスチーム『Barn Beat』が手掛ける舞台『座HOLE』に行ってきました。
31EC8B5C-DC9A-444D-A273-04C4A8EC2C24.jpg




KIDS時代から精力的に活動していて、
全国で活躍しており、『スタードラフト会議』などテレビ番組でも人気を博していた彼女たちも、
もう20代後半となり、自分たちが求められて踊るだけでなく、
それ以外の切り口でもシーンを最前線で牽引する世代となってきましたね。
なんてしみじみ感じてしまいました。

といっても、
この2人はもうすでに5年前からストリートダンスでのダンス公演を行なっており、
今回で4度目の舞台公演でした!
素晴らしいことですね。


僕は2日目に鑑賞させていただきましたが、
シンプルに表現すると、
若さ溢れる、エナジー溢れる、元気がもらえる舞台でした◎

メインキャストとして舞台を盛り上げたのは、
『Barn Beat 』, 『Soul of the Spirit』, 『FAVO+LAS』, 『SEINA(LOL, 1994)』
という名古屋の若手世代を代表するトップダンサー8人。

ジャンルやスタイルの違うこのメンバーがひとつの舞台を作りあげているということだけで、
ワクワクする人たちもいるんじゃないでしょうか?

今ダンスに夢中になっていて、これからを担う中高生や20代前半のダンサーからしたら、
1番憧れる世代ですからね!


今回の舞台は、
仕掛け人であるBarn Beatの2人が、
「ダンスをエンターテイメントとしていかにダンサー以外にも楽しんでもらえるか?」
「作品を作る上で、いかに自分たちのオリジナルの比重を高められるか?」
という点にチャレンジしていたように感じました。


ダンサーの踊りはナマモノであるというのは良さでもありますが、
作品として残りにくいという難点もあります。

音源にしても、映像にしても、
著作権がとれる表現を使用しないと、
ダンス作品として残し続けることが難しいのが現状です。
踊りそのものに著作権を持たせられるようにする動きももちろんありますし、
音源や映像までをも自作して作品の価値を高めようとする人たちもいます。


Barn Beatの2人が行ったのは後者でした。
ダンスのみならず、
音源や映像も自分たちで作るチャレンジをし、
その上でより伝わりやすいようにマイムや演技の要素もふんだんに取り入れていました。

音源制作や映像編集を出来るダンサーがどんどん増えていて、
本当にすごいなぁと思いますね。
結局、やるか、やらないかですね。


さらにシンガーをゲスト起用して、
生歌とダンスを組み合わせる演出もありました◎


そうしたチャレンジひとつひとつがフレッシュで、
そのフレッシュなチャレンジを作り手自身がワクワクしながら出来上がった舞台だったように思います(^^)


あれだけのものを作るのは大変だよなぁとしみじみ思いました。


あえてスッと入ってこなかった点を言うならば、
舞台公演のタイトルと、ストーリー展開と、ダンス内容とがあまり繋がっていないような感覚はありました。

自分はどうしても、
本でも、映画でも、絵でも、舞台でも、
芸術(アート)に関しては、
意味やメッセージ、流れを求めてしまいます。

わかりやすい、わかりにくいではなく、
感じられるか、感じられないかです。


乱暴に言えば、
アート寄りの作品は考えさせる作品、
エンタメ寄りの作品は理解させる作品、
と考えています。

今回はエンタメ寄りの舞台ではありましたが、
全体の流れ(起承転結的な部分)が分かりづらい為に、
例えば水戸黄門的な、ドラえもん的な、桃太郎的な、
最後のスッキリ感が得られにくいと思ってしまいました。
かと言って、
ラストがスッキリしなくても、何か強烈なメッセージを感じられるパターンでもなく。

逆にストーリーとか、メッセージとか、そんなことより圧倒的な映像美や音楽性がウリの映画もありますよね。
ダンス公演で言えば、圧倒的なダンスで魅せるということになりますかねー。


途中の箸休め的の三作品ぐらい分かりやすいコンセプトが伝わると良かったんですけどね。
あれはテーマ選びも良かったし、
まさに”HOLE“のイマジネーションを深められて面白かったです◎
自分だったらどんなHOLEがあるかなぁなんて観ていて楽しくなりますしね。

まあ、
本編ストーリーの間に挟み込むことは、
観る人によっては良し悪し出そうですが。


てことで、
自分たちで新しい道を切り拓いていく人たちは本当にすごいし、
だからこそ、次世代がさらに上のクオリティに進化させることができると思います。
また次回作も頑張ってほしいですね。
さらに突き抜けてほしいです。


例えば、もう10年以上前だけど、
FORCEの『SCHOOL LIFE』や、
TRANCE ARTSの『桃太郎』など、
ストリートダンスエンタメにチャレンジしてきた先輩たちもいたわけで、
本当に新しいチャレンジって意外と少なくて、
だからこそ、今まで以上にさらにクオリティの高い舞台をカマすことが後輩の宿命(さだめ)だとも思うので、
そこまでも歴史として繋がっていけると
名古屋もダンス文化が拡がっていくんだろうなと思いました。


いや、自分何様だって感じですが、
自分の感想なんて何も分かっていない奴の戯言とも言えるし、
意見交換こそみんなで高まっていく道だと思いますし、
すごく刺激受けて、自分も動きたくなりました!!

ありがとうございました◎

Barn BeatのyukiちゃんAMIちゃんはじめ、
メインキャスト、サブキャスト、ゲストチームの皆さん、
照明、音響、映像、スタッフの皆さん、
お疲れさまでした!

PS
『MEGA出る四丁目』のshowめっちゃ良かったです。
エンターテイメント性、ダンス力の高さ、作品への工夫の数々、
イベントカラーにもバッチリでプロだなぁと感じました◎


posted by UC at 21:15| Comment(0) | UCのダンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

DANCE DYNAMITE 2020 day2 結果とか


【一般オープンクラス】

=優勝=

Loopz Fam


=準優勝=

FAME


=3=

A.R.E.S.


=上位進出チーム=

544 6th Ave 

Dione 

Kickin'8 

mimics 

ぱっつん。 

RieSfeld 

Verless 

Matka 



【中学生ジュニアクラス】

=優勝=

MaliB


=準優勝=

FIRE


=3=

アールグレイ...


=上位進出チーム=

Beat amuse 

FACE 

Central Eruptions 

TAKE IT OCTOPUS 

solBulletz 

CHILDREAL 

BLOOM 



JUDGEさせていただきました!

面白かった!

けど、集中し過ぎて疲れました笑


オープンクラスは、

Loopz Fam2年前の雪辱を果たして見事優勝!

あの短い制限時間の中であれだけ見せ場を盛り込んだこと、

Famとしての一体感、全体のレベルの底上げ、

バッチリでしたね◎

かっこよかったです!

おめでとうございます㊗️


良い意味で個が目立たなくなってきた感じですね。

でも、個を見るとしっかり味がある。

良いことですね。



準優勝は2年連続でFAME

本人たちはだいぶ悔しいでしょうねー

今回もDOPEでしたね。

ネタを増すごとにどんどん振り切ってきてるなーと思いますね。

ステキですね◎

全然カマシてるんで突き抜けてください。


3位はA.R.E.S

トップバッターでいきなりカマすことの難しさってどうしてもあるから、

そこ乗り越えてカマしたのは良かったですね!

最初に5人がステップ踏み始めた瞬間はめちゃテンション上がりましたね◎

良いチームになったなぁと思いました(^^)

もっと観たかったくらいです。



正直全体的にこの3チームへの得点がひとつ抜けていたので、

そこで競り合った感じはありました。

その中でLoopz Famの決定力の強さが際立ちましたが、

順番とかその日の出来でも十分変わったかもしれませんね。


曖昧なもんです。


惜しくも入賞を逃した544 6th Aveも自分たちのスタイルを貫いていて、

しっかり会場ロックしていましたね。

あのジャンプの高さに食らったし、あのシルエットは焼き付いてますねぇ。

さらにオリジナルな構成とか出てきたら引き込まれそうですね!


そして、

Dioneもマイスタイル磨いている感じで見やすかったですが、

まとまり過ぎて逆に想定内というか、

ドキッとはしなかったという感じですね。


ここに限らず、

まとまりの良すぎるチームが本当に増えたなぁと思いました。

みんな真面目だし、前例が増えすぎているんですかね。


あと、自分の心に残ったのは、

Kickin’8Matkaの踊っていることが楽しい、踊りがその人の人生を豊かにしているっていう空気感やオーラでした。


Kickin'8の曲の流れや、Matkaのリンディホップや、

自分自身がテンション上がるところを前面に押し出すのは気持ち良いですね。


色々あるけど、やっぱり踊っていられることが楽しいという競争の価値観を超えた後に、

競争の場に出る人の強みってありますよね。

自分たちの理想の踊りをさらに磨いてもらえればと思います。

一生楽しんで踊ってください◎


あとは、

空を映すような深海は、

ヒロトくんの優しさが全面に押し出された作品だったなぁと思いました。

ツッコミどころは満載ですが、

そんなふうに仕上げられるんだなぁという感じです。

ダンスマンとしゅんぼーいの2人も入りこんでいて良かったです◎


上からとか多角的に見れた方が楽しめる作品かもしれませんね。

土曜と違い昨日は晴れて空が見えていて良かったですね笑


RieSfeldVarlessみたいな若いチカラもフレッシュで良かったですね!

これからもどんどん試行錯誤してください。



人の価値観はそれぞれですが、

大多数に埋もれるのはやっぱりつまらないと思ってしまうし、

マイノリティがマイノリティに酔いしれるのも自分は白けてしまいますね。

その中で、

ただただ自分自身の正解を明確に押し出せる人がステキですね。

そういう人は大抵言い訳も取り繕いもしないし。



まぁそんなこんなで、

エントリー数は少なくとも、意志を持ったチームばかりだったのでとても楽しく観れました◎

どんな時でも踊ってる人は踊ってるし、勝負してる人は勝負しているよなと再認識させてもらえました!



そして、

中学生クラスもすごく面白かったです!

すごく接戦でした!!


その中で、

優勝のMaliBは凄かったですね◎

身体すごい仕上がってますね。

集中力もすごく高いし。

作品への、相方への信頼感も強く感じましたね。

おめでとうございます㊗️



準優勝のFIREも昨日は良かったですね。

終盤のブロンクスステップに心打たれました◎

昨日は良いbboyチームが沢山いて、評価がバラける可能性もありましたが、

その中で準優勝はとても立派だと思います(^^)


3位のアールグレイ...は、

連覇していただけに悔しいでしょうが、

それでもダンス力の高さは十分に見せつけていたし、

1番大人っぽくて良かったですね◎

曲が非常にエモーショナルだっただけに、

曲の方が強い部分があったかなと。



そして、他のチームも良いチーム沢山でした!

僕はBeat Amuseがすごく良かったと思ってます◎

すごく心に来ました。

感情と、動きと、空気感がマッチしていたように思いました。


あとは、

FACEも昨日は伸び伸びと踊れていて良かったし、ソロもかっこよかった!

CHILDREALもフレイバーばっちりで前観た時よりさらに作品の味出せていてかっこよかった!

2人のバランスも良くなっていました◎

TAKE IT OCTOPASも疾走感あってかっこよかったですねー。

OUKIくんは華ありますね。

Steelithe Legsも相変わらずかっこよかったですね!

前回観た時よりノッてました。

あとは、

GLANTSもカッコ良かったです。ソロに入るタイミングとかもったいない部分はありましたが、2人ともdopeで上手いなーとビックリしました。


この辺は僕は入賞チームと遜色ない点数つけさせていただきました。


他にも高得点をつけたのは、

Central EruptionssolBullets、ラグラス、BLOOM

ですね。

本当にみんな良かった。


Wild Kingsも良かったですねー

ピュアな感じすごく伝わってきました。


あとは、

LUCID, KNOW NO BOUNDS, PHAT CHICKS, 4HERO, 24/7, BUZZINE

なんかも観ていて気持ち良かったですね。

衣装とか振り付けとか流れとか、

良い感じのポイントが多かったです。

そのままクオリティ高めて頑張ってください◎


そして、

やっぱり愛(アムール)のリンドバーグは上がりますね笑

大トリに相応しかったです(^^)



そんなこんなで、

何を大切にするかは常に取捨選択だと思います。

ひとつを選べば、ひとつ諦めなければいけないと思います。

真剣にやるからこそ見えるものもあるとおもうので、

過程を美化して逃げることなく、

結果を自分でどう解釈するか、次にどっちに歩を進めるか、

それぞれで決めていただければと思います。



自分自身に挑戦し続けてほしいけど、

それはコンテストだけではないし、ダンスだけでもないかと思います。

自分自身の在り方を、自分で決められれば、

他人も素直に認められるようになるのではないかとも思います。


沢山のことを感じさせてもらいありがとうございました◎

感染症対策に追われながらも、

開催に漕ぎつけて、無事運営していただいた、

主催のサムさんはじめ、スタッフの皆さん、

MCのルパンさん、

一緒にJUDGEしていただいたKOUさん, KITOHさん, KENJIさん, HANA, 

ありがとうございました!!



ではでは。






posted by UC at 10:50| Comment(0) | UCの独断イベントリポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

DANCE DYNAMITE 2020 day1 結果とか


【高校生シニアクラス】

=優勝=

SFIDA


=準優勝=

kuruasa


=3=

ONEPIECE


=上位チーム(順不同)=

MEGAでる4丁目

MASH UP

Audioslave

nakid

BASTET

りともん.

saga+Newhype3



【小学生KIDSクラス】

=優勝=

FABLE


=準優勝=

Diva


=3=

kureamaria


=以下、上位チーム(順不同)=

SAVAGE

iriser

Little girls

Twin Fight

アミティー

GLEAM

Like it



DANCE★DYNAMITE、無事初日終えられましたね!

様々な感染対策の中、いつもとは違った雰囲気の中であり、

踊る側も踊りにくかったでしょうが、

みんなの魂のダンスはやっぱり生で観れると良いもんでした◎


僕は高校生クラスしか出られなかったけど、

KIDSクラスはFABLEが優勝!

おめでとうございます◎

令和になっても、東海のKIDSFORCEが強い!!

ということですかね(^^)

すごいですね。


準優勝のDivaは観たことないチームなので是非観てみたかったですね!

三重のチームなのかな?

おめでとうございます!


3位のkureamaria.は双子チームですね!

以前観たことありますが、スキルの高さが印象的だったチームですね。

こちらもFORCEですかね。

確かまだ低学年だった気がするから、末恐ろしいですね!



今日はSUPERKIDS中部予選と被っていたので、

東海のKIDSチームは多少バラけたでしょうね。

1番下にSUPERKIDS中部予選の結果も転載しておきますね。



そして、

高校生部門は最初から最後まで観れましたが、

高校生にしてキャリア数年以上のチームも多くて、

本当に安定感ありましたね。


優勝のSFIDAはスキルが高いということに尽きますね。

ヒットも強いし、ボディコントロールも細かく正確だし、

見やすかったです。


準優勝のkuruasa.も同じですね。

ダンス力の高さがシンプルに見やすかったです。


これだけ上手いのが当たり前のシーン、世代になっても、

そのダンス力の高さで入賞するのは本当に凄いことですね◎

作品は、きっと自分で作っているんだろうなと思ったので、

自分たちが本当に表現したいものが何なのかがよりハッキリしてくると、

もっと魅力的な作品を作れる様になるのかなと思いました。


ただ、自分自身を表現せずとも、

求められるものを表現できる能力の高いダンサーたちなので、

その才能を活かす場もたくさんあるよなぁと感じました。

自分の信じる道を進んでください。


3位のONEPIECEも寒い中、狭い中、頑張っていたし、

フリーズのクオリティなんかはbboyチームの中で1番でしたね◎

出演順35番で上位3チームとなったのがまたすごいですね。



他に印象に残ったのは、

MEGAでる4丁目

ですねー

僕としては1番突き抜けていたし、

イロモノみたいになっていたけど、ダンスでやっていることはレベル高かったし、

作品としても他のチームより伝わるものが大きくて良かったです◎


あとは、

HOUSEチームの男の子!(NAOKIくん)

エネルギッシュで身体キレていたし、どことなく土臭さあって、めっちゃ好印象でした!

思わずKENJIさんに名前聞きに行ってしまいました笑


MASH UPも相変わらず良い作品でステキでした。

ナチュラルだけどハイレベル、

最初から最後までスムースで良かったですね〜


nakidもダンスの上手さは伝わってきたけど、

もうひとつ深みを出せるかどうかですね。

ただ、自分自身ではなくても、作品の世界観を出すことがやっぱりうまくて、違う世界観でもスッと出せるのは実力の高さですね。


saga+Newhype3dope hiphopスタイルだったけど、

まだ完全にブレンドしきってない感じはありましたね。

ソロ回しの流れとかは好みな感じでした(^^)


Audioslaveも良かったですが、

僕の中では、初めて見たときの衝撃を超えられなかったかなぁ。

ダンス力の成長はもちろん感じました。



とにもかくにも、

高校生クラスのレベルは上がって来ているなぁと感じました。

それだけ中学から高校にかけてチームが続いているパターンが増えたんだなぁという印象ですね。


昔は、中学卒業したら解散してしまうスタジオチームが多かったですし、

高校になると離れ離れになってしまうパターンが多かったですし、

高校生で目立つダンサーは、チームよりも個人活動が目立っていたので、

高校クラスに出てくるチームが高校から始めてる人の方が多いかも?みたいなのが今までの流れだったんですが、

今回はそれ以上のキャリアの長いチームが増えていましたね。

それも時代の流れですかねぇ(^^)


どっちが良いとかではないですが。

今の流れの中で、KIDSより遅くからダンス始める人応援していますし


てことで、

同日に開催されたSUPERKIDS中部予選の結果です。

***

■U-9部門
優勝:DUCKHOOD(HIPHOP/東京)
準優勝:CLiMB(HOUSE/愛知)
※シード権は準優勝まで

 

■U-12部門
優勝:ShakaDelaBoo(HIPHOP/静岡)
準優勝:S’teez(BREAKING/愛知)
3位:有頂天ボーイズクラブ(HIPHOP/石川)
※シード権は3位まで

 

■U-15部門
優勝:HOT DAWG(HIPHOP/石川)
準優勝:Ragiata(HIPHOP/千葉)
3位:RUDE(HIPHOP/愛知)
※シード権は3位まで

 

■ソロ部門
優勝:TAICHI(HOUSE/愛知)
準優勝:URARA(HIPHOP/愛知)
※シード権は準優勝まで


***




ということで、

少し観ただけでもダイナマイトはやっぱり面白かったです◎

主催のサムさんはじめ、スタッフの皆さん、

そして、judge&MCの皆さん、

このご時世の中、開催を実現していただきありがとうございました!!


明日は自分もjudgeなんで緊張感もありますが、

自分の感覚フル動員して、

エントリー者へのリスペクトを基に、踊り手とも勝負するくらいの気持ちで精一杯臨みたいと思います!


よろしくお願いします。

ではでは。





posted by UC at 20:34| Comment(0) | UCの独断イベントリポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする