2018年08月26日

JAPAN DANCE DELIGHT vov.25 FINAL 結果とかとか

【優勝】九州男児新鮮組(BREAKING/福岡)

【2位】ULTIMATE CREW(POPPING/東京)

【3位】9stepper'z!!(LOCKING/東京・千葉・埼玉・徳島・神奈川・茨城)


【特別賞】

筋肉定食(BREAKING/埼玉)

IB6side(POPPING/茨城)

Jungle Mover(HIP HOP/茨城)



もう4分間絶叫ジェットコースターのような怒涛のアクロバットでjudgeをスタンディングオベーションにさせた九州男児新鮮組が優勝!!

僕は観れていませんが、予選の動画は見ていたし、今まで何度もSHOW観ているので、

あれが世界レベルであることは間違いないし、優勝しちゃうことは納得。

ただ、やっぱりディライトまで獲っちゃったのは本当にすごいことですね!

おめでとうございます!



準優勝は僕らのすぐ後の出番のULTIMATE CREW、

3位はその次の順番だった9stepper’z!!、

ということで、どちらも観れていない(>_<)



ただ、横で練習観ていて、

ULTIMATE CREWの1つの動きのクオリティの高さがヤバすぎて度肝抜かれてたんで、

そんなスター軍団のSHOWはさぞかし興奮しただろうなと。

俺もダンスファンとして、じっくり観たかったです!!

おめでとうございます◎


9stepper’z!!はほんとに強いですね!

あの大舞台で毎回高いパフォーマンスができるだけの練習量があるんでしょうね。

8人でチームを継続していることも素晴らしいと思うし、さすがです。

おめでとうございます!!



そして、

特別賞がすごかった!

筋肉定食のA-1で入賞とか本当に凄すぎるし、

でも、実際めちゃくちゃ会場沸かしていたし、やりきった結果なんでしょうね◎


IB6sideとJungle Moverの茨城チーム2チームもすごいですね!

茨城フィーバー!

ここもどちらも観れていなくて本当に残念(>_<)

どちらも2人で入賞もすごいですね。

Jungle Moverは僕らと同じでDJ KRUSHのビート使っていたのは知っていただけに、

より一層観たかったなぁ。

全力疾走ぶりを感じたかった。

おめでとうございますm(_ _)m



というわけで、

今回も本当にレベル高かったと思います。

入賞チームを6チーム中5チーム観れていなくて詳しくは分かりませんが、

全チームが本気で覚悟ある踊りをしていたことだけは間違いないし、

どこが入賞してもおかしくなかったんだと思っています。



直接観れた中では、

DIZZLEZの初JAPANをしっかり見届けられて良かったし、

あのアニメーション続きの順番の後でキッチリダンス魅せ切ってた2人の裏付けされたダンスは感動しました(^^)

あとは、

ゲロッパもめちゃくちゃ伝わってきたし、

本当に心動かされました!

ありがとうございました。

temporaly+SOUTH GATEも後半のノリにぶち上がったし、

やっぱりシンプルに一人一人カッコイイ!!

7down8upperも改めて音編の巧みさ、構成の凄さに圧倒されて、シンジさんの空中ヒットにくらいました!

Repoll:FXも抜群の安定感で、期待されるパフォーマンスをしっかり届けてくれるあたりエンターテイメントへの拘り感じました。


ENcouter ENgraversも相変わらず上手いこと作ってあって、

空間把握能力の高い頭脳とキレる身体があるって強いなぁと思いました(^^)

PROMOTIONの身体能力にも度肝抜かされたし、

はむつんサーブCREWの詰め込み用もすごかった。

K Steelo+SAYAは一曲目のMos Defがやっぱり好きだなぁカッコイイ。

錯乱武者のオリジナリティも本当にすごくて、

やっぱりオリジナルの強さ、かっこよさ感じました。

全然色褪せていないし、同じようなアイデア出したチームいたとしても、やっぱりオリジナルには勝てないんだろうなと。

ANIMATION CREWも見せ場満載、

でも、俺はその後のUOMO&OCEANS+KANSAI BAKUDANのダンス力の高さにくらいました!

三階席で観ていても音ズレせずスッと入ってきて、めっちゃかっこよかった◎

2crankもいききってて、やりきってた。

nousesは今回1番てくらい楽しみにしていたから、観れて良かった(^^)

不協和音的な音がだんだんと馴染んできて、だんだんハマってしまう中毒性ヤバかったし、

それに対しての踊りもとてもピュアなものを感じました。

計算より純度の方が濃く高い感じがしました。

タエさんとも話しましたが、

音に入り込みすぎると踊りを観る集中力減っちゃうし、

踊りに入り込みすぎると音楽のヤバさが薄れてくし、

どちらも主張しあう存在がすごすぎて、どちらにも出たり入ったり色んな解釈されそうだなと感じました。

貫くってステキ。

Alaventaは着替えてからの後半が好きでした◎

電車乗って、パシフィコ着いて、少年少女のように純粋に踊りまくる最後が良かった(^^)

モーコンも相変わらずすごかった。KAKUちゃんのヘッドスピンは本当に感動する☺︎



こうやって書いてみると、ほとんどのチーム観れていないなぁ泣



映像でなんとか観れたのは、

Last Rain LivingroomとDRAMATICA。

ここも楽しみにしていたので、練習の合間に少しのぞけました◎

生で観たかったなぁ!

DRAMATICAは空気感が好きなので、より一層生で感じたかった。

Last Rainは曲もアプローチもめっちゃかっこよかったし、気持ちよさそうでした!

刺激的でした(^^)



そんなこんなで、

僕らdaftも今の自分たちを精一杯レペゼンしてきました。

「東でも西でもない、中部にそびえ立つ黒のしゃちほこ」

とUSKさんに紹介していただいたように、

名古屋を、愛知を、東海を、中部を、

もっとレペゼンしたかったけど、

結果は出せませんでした。

でも、生で見てもらった人たちに僕らの生き様をしっかり感じ取ってもらえたなら、

それは本当に嬉しいです。

見届けていただき、ありがとうございましたm(_ _)m




4回目のJAPANファイナルの舞台は、

今までよりも少しは地に足つけて踊れたかなとも思うし、

その分まだまだ会場巻き込むほどのエナジーないなと痛感しました。



それにしても、

ディライトって場所は本当にすごいですね。

あれだけのダンスマスターたちが、決死の覚悟で臨んでくる場所。

ディライトだけじゃないですが、

やっぱり熱量高い場所は本当に刺激的です。



そして、その分苦しい!笑

今回も中々に苦しかったです。

仕事も忙しくなり、家庭でも色んなことがありすぎ、15周年パーティーの準備も大変で。



まぁとは言ってもそんなの誰でも一緒で、

言い訳にしかならないことも分かっています。

でも、本当にここ1年は自分の思うようなバランスを取れなくて、結構悩みました。

全てが中途半端になっているような気がして…

今こうして、大きなことが立て続けに終わって、

終わってみれば、もっとこうしてればああしていればと思うことばかりです。



今回ディライト予選にチャレンジしようって決めた時に、

僕らの中で課題としていたことが、

vol.22の時の“禁断の惑星”ネタを越えることで、

それだけに音源探しも難航しました。


やっぱり、禁断の惑星のインパクトが強すぎて、

今でもそのことで声かけてもらえたりすることもあるけれど、

それは自分たちの純粋な部分が伝わってのインパクトだと思っていたし、

逆にそういうのを狙いにいったら本当にダサいし、

だから、いつまでも純粋でありたくて、

その瞬間の沸点を大切にして曲との出逢いに奔走しました。

結局、お気に入りの予選ネタを活かしつつ、

DJ KRUSH→groovemanSpot→GONZY

と繋ぎ、JAPANに臨みました。



今回の選曲も本当にかっこいい曲に出逢えたと思っているし、

オタレコよーすけさんにマスタリングしてもらい、

最高な音質で踊ることが出来て、

そこは満足しています!



中身としても、良い作品が出来たとは思っています。

引き出し少ない自分たちに嫌気がさしながらも、

15年チームを続けてきただけの噛み合い方やdaftらしさは出せたかなと。

魂込めて踊れたかなと。


ただ、単純にまだまだ。

もっといかないと。

まだまだ覚悟が足りないんでしょうね!



もっともっと人の心に伝わる踊りを。

日々精進ですね。



とりあえず、

昨日はDIZZLEZ familyとdaft familyで打ち上げ!

daft familyだけで二次会!

三谷家だけで三次会!

朝まで浴びるように飲みました!笑



今日は身体バキバキですw




ADHIPの皆さま、

25周年おめでとうございました。

こんなにも刺激的な場所を毎年毎年開催していただき、

本当にありがとうございます!

確実に僕らのダンス人生になくてはならない場所です。



JUDGEの皆さんもありがとうございました。

昨日のJUDGE DEMOはくらいすぎて感動しました。

AKIHIC☆彡さん相変わらずうまい。

TAKE-Cさんも大好き◎

POPPIN Jさんのフィーリング!

PInOさんかっこよすぎ!!

MASAOさんファンキーで匠すぎる。

YOSHIEさんの情熱には本当にダンスへの愛と覚悟を感じさせてもらえます。

MAJIDのバランスとテクニックに驚愕し、

Meechのリズムに心踊った。

あんなの見せられたらやっぱり勝ち負けとかどうでもよくなってくるというか、

もっと踊れるようになりたいなぁと思いますね。




ありがとうございました!


00F4CEC8-837F-497E-9528-A7B84B8AFB93.jpg



というわけで、

久々のJAPANファイナル出場、総じて楽しかったです◎

いつも俺のワガママについてきてくれるまさひろには感謝です。

今回もありがとう。これからもよろしく☺︎

自称総監督のタエさんも本当にありがとう。

支えてもらってばかりなので、もう少し俺が支えられるようにします。


JAPANに臨むにあたって、練習場所をレンタルさせていただいたpineapplestudio様、ONEWAY様もありがとうございました!

いつも急なレンタル予約に対応していただきありがとうございました。

そして、現場まで応援に来てくれた皆さん、

観に来れなくても気にかけてメッセージくれた人、

いつも高め合ってくれる仲間の皆さん、

本当に感謝しております。



大変なことがあればあるほど、

自分がどれだけたくさんの人に支えられているかってことを実感できます。

本当に感謝です。



自分に何が返せるのか分からないけれど、

少しでも何かを返せるように、

大事なことを大切にできるように、

これからも精一杯生きていきます。

踊っていきます。



ではでは。


D4CCF497-BC56-4DF4-968C-88EB82D2F4A4.jpg

finalistの集合写真(dance delight FBページより拝借m(_ _)m)

posted by UC at 16:20| Comment(0) | UCのダンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする