2020年11月16日

座HOLE 鑑賞記とか


どうもです。

先日、名古屋の人気ダンスチーム『Barn Beat』が手掛ける舞台『座HOLE』に行ってきました。
31EC8B5C-DC9A-444D-A273-04C4A8EC2C24.jpg




KIDS時代から精力的に活動していて、
全国で活躍しており、『スタードラフト会議』などテレビ番組でも人気を博していた彼女たちも、
もう20代後半となり、自分たちが求められて踊るだけでなく、
それ以外の切り口でもシーンを最前線で牽引する世代となってきましたね。
なんてしみじみ感じてしまいました。

といっても、
この2人はもうすでに5年前からストリートダンスでのダンス公演を行なっており、
今回で4度目の舞台公演でした!
素晴らしいことですね。


僕は2日目に鑑賞させていただきましたが、
シンプルに表現すると、
若さ溢れる、エナジー溢れる、元気がもらえる舞台でした◎

メインキャストとして舞台を盛り上げたのは、
『Barn Beat 』, 『Soul of the Spirit』, 『FAVO+LAS』, 『SEINA(LOL, 1994)』
という名古屋の若手世代を代表するトップダンサー8人。

ジャンルやスタイルの違うこのメンバーがひとつの舞台を作りあげているということだけで、
ワクワクする人たちもいるんじゃないでしょうか?

今ダンスに夢中になっていて、これからを担う中高生や20代前半のダンサーからしたら、
1番憧れる世代ですからね!


今回の舞台は、
仕掛け人であるBarn Beatの2人が、
「ダンスをエンターテイメントとしていかにダンサー以外にも楽しんでもらえるか?」
「作品を作る上で、いかに自分たちのオリジナルの比重を高められるか?」
という点にチャレンジしていたように感じました。


ダンサーの踊りはナマモノであるというのは良さでもありますが、
作品として残りにくいという難点もあります。

音源にしても、映像にしても、
著作権がとれる表現を使用しないと、
ダンス作品として残し続けることが難しいのが現状です。
踊りそのものに著作権を持たせられるようにする動きももちろんありますし、
音源や映像までをも自作して作品の価値を高めようとする人たちもいます。


Barn Beatの2人が行ったのは後者でした。
ダンスのみならず、
音源や映像も自分たちで作るチャレンジをし、
その上でより伝わりやすいようにマイムや演技の要素もふんだんに取り入れていました。

音源制作や映像編集を出来るダンサーがどんどん増えていて、
本当にすごいなぁと思いますね。
結局、やるか、やらないかですね。


さらにシンガーをゲスト起用して、
生歌とダンスを組み合わせる演出もありました◎


そうしたチャレンジひとつひとつがフレッシュで、
そのフレッシュなチャレンジを作り手自身がワクワクしながら出来上がった舞台だったように思います(^^)


あれだけのものを作るのは大変だよなぁとしみじみ思いました。


あえてスッと入ってこなかった点を言うならば、
舞台公演のタイトルと、ストーリー展開と、ダンス内容とがあまり繋がっていないような感覚はありました。

自分はどうしても、
本でも、映画でも、絵でも、舞台でも、
芸術(アート)に関しては、
意味やメッセージ、流れを求めてしまいます。

わかりやすい、わかりにくいではなく、
感じられるか、感じられないかです。


乱暴に言えば、
アート寄りの作品は考えさせる作品、
エンタメ寄りの作品は理解させる作品、
と考えています。

今回はエンタメ寄りの舞台ではありましたが、
全体の流れ(起承転結的な部分)が分かりづらい為に、
例えば水戸黄門的な、ドラえもん的な、桃太郎的な、
最後のスッキリ感が得られにくいと思ってしまいました。
かと言って、
ラストがスッキリしなくても、何か強烈なメッセージを感じられるパターンでもなく。

逆にストーリーとか、メッセージとか、そんなことより圧倒的な映像美や音楽性がウリの映画もありますよね。
ダンス公演で言えば、圧倒的なダンスで魅せるということになりますかねー。


途中の箸休め的の三作品ぐらい分かりやすいコンセプトが伝わると良かったんですけどね。
あれはテーマ選びも良かったし、
まさに”HOLE“のイマジネーションを深められて面白かったです◎
自分だったらどんなHOLEがあるかなぁなんて観ていて楽しくなりますしね。

まあ、
本編ストーリーの間に挟み込むことは、
観る人によっては良し悪し出そうですが。


てことで、
自分たちで新しい道を切り拓いていく人たちは本当にすごいし、
だからこそ、次世代がさらに上のクオリティに進化させることができると思います。
また次回作も頑張ってほしいですね。
さらに突き抜けてほしいです。


例えば、もう10年以上前だけど、
FORCEの『SCHOOL LIFE』や、
TRANCE ARTSの『桃太郎』など、
ストリートダンスエンタメにチャレンジしてきた先輩たちもいたわけで、
本当に新しいチャレンジって意外と少なくて、
だからこそ、今まで以上にさらにクオリティの高い舞台をカマすことが後輩の宿命(さだめ)だとも思うので、
そこまでも歴史として繋がっていけると
名古屋もダンス文化が拡がっていくんだろうなと思いました。


いや、自分何様だって感じですが、
自分の感想なんて何も分かっていない奴の戯言とも言えるし、
意見交換こそみんなで高まっていく道だと思いますし、
すごく刺激受けて、自分も動きたくなりました!!

ありがとうございました◎

Barn BeatのyukiちゃんAMIちゃんはじめ、
メインキャスト、サブキャスト、ゲストチームの皆さん、
照明、音響、映像、スタッフの皆さん、
お疲れさまでした!

PS
『MEGA出る四丁目』のshowめっちゃ良かったです。
エンターテイメント性、ダンス力の高さ、作品への工夫の数々、
イベントカラーにもバッチリでプロだなぁと感じました◎


posted by UC at 21:15| Comment(0) | UCのダンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

DANCE DYNAMITE 2020 day2 結果とか


【一般オープンクラス】

=優勝=

Loopz Fam


=準優勝=

FAME


=3=

A.R.E.S.


=上位進出チーム=

544 6th Ave 

Dione 

Kickin'8 

mimics 

ぱっつん。 

RieSfeld 

Verless 

Matka 



【中学生ジュニアクラス】

=優勝=

MaliB


=準優勝=

FIRE


=3=

アールグレイ...


=上位進出チーム=

Beat amuse 

FACE 

Central Eruptions 

TAKE IT OCTOPUS 

solBulletz 

CHILDREAL 

BLOOM 



JUDGEさせていただきました!

面白かった!

けど、集中し過ぎて疲れました笑


オープンクラスは、

Loopz Fam2年前の雪辱を果たして見事優勝!

あの短い制限時間の中であれだけ見せ場を盛り込んだこと、

Famとしての一体感、全体のレベルの底上げ、

バッチリでしたね◎

かっこよかったです!

おめでとうございます㊗️


良い意味で個が目立たなくなってきた感じですね。

でも、個を見るとしっかり味がある。

良いことですね。



準優勝は2年連続でFAME

本人たちはだいぶ悔しいでしょうねー

今回もDOPEでしたね。

ネタを増すごとにどんどん振り切ってきてるなーと思いますね。

ステキですね◎

全然カマシてるんで突き抜けてください。


3位はA.R.E.S

トップバッターでいきなりカマすことの難しさってどうしてもあるから、

そこ乗り越えてカマしたのは良かったですね!

最初に5人がステップ踏み始めた瞬間はめちゃテンション上がりましたね◎

良いチームになったなぁと思いました(^^)

もっと観たかったくらいです。



正直全体的にこの3チームへの得点がひとつ抜けていたので、

そこで競り合った感じはありました。

その中でLoopz Famの決定力の強さが際立ちましたが、

順番とかその日の出来でも十分変わったかもしれませんね。


曖昧なもんです。


惜しくも入賞を逃した544 6th Aveも自分たちのスタイルを貫いていて、

しっかり会場ロックしていましたね。

あのジャンプの高さに食らったし、あのシルエットは焼き付いてますねぇ。

さらにオリジナルな構成とか出てきたら引き込まれそうですね!


そして、

Dioneもマイスタイル磨いている感じで見やすかったですが、

まとまり過ぎて逆に想定内というか、

ドキッとはしなかったという感じですね。


ここに限らず、

まとまりの良すぎるチームが本当に増えたなぁと思いました。

みんな真面目だし、前例が増えすぎているんですかね。


あと、自分の心に残ったのは、

Kickin’8Matkaの踊っていることが楽しい、踊りがその人の人生を豊かにしているっていう空気感やオーラでした。


Kickin'8の曲の流れや、Matkaのリンディホップや、

自分自身がテンション上がるところを前面に押し出すのは気持ち良いですね。


色々あるけど、やっぱり踊っていられることが楽しいという競争の価値観を超えた後に、

競争の場に出る人の強みってありますよね。

自分たちの理想の踊りをさらに磨いてもらえればと思います。

一生楽しんで踊ってください◎


あとは、

空を映すような深海は、

ヒロトくんの優しさが全面に押し出された作品だったなぁと思いました。

ツッコミどころは満載ですが、

そんなふうに仕上げられるんだなぁという感じです。

ダンスマンとしゅんぼーいの2人も入りこんでいて良かったです◎


上からとか多角的に見れた方が楽しめる作品かもしれませんね。

土曜と違い昨日は晴れて空が見えていて良かったですね笑


RieSfeldVarlessみたいな若いチカラもフレッシュで良かったですね!

これからもどんどん試行錯誤してください。



人の価値観はそれぞれですが、

大多数に埋もれるのはやっぱりつまらないと思ってしまうし、

マイノリティがマイノリティに酔いしれるのも自分は白けてしまいますね。

その中で、

ただただ自分自身の正解を明確に押し出せる人がステキですね。

そういう人は大抵言い訳も取り繕いもしないし。



まぁそんなこんなで、

エントリー数は少なくとも、意志を持ったチームばかりだったのでとても楽しく観れました◎

どんな時でも踊ってる人は踊ってるし、勝負してる人は勝負しているよなと再認識させてもらえました!



そして、

中学生クラスもすごく面白かったです!

すごく接戦でした!!


その中で、

優勝のMaliBは凄かったですね◎

身体すごい仕上がってますね。

集中力もすごく高いし。

作品への、相方への信頼感も強く感じましたね。

おめでとうございます㊗️



準優勝のFIREも昨日は良かったですね。

終盤のブロンクスステップに心打たれました◎

昨日は良いbboyチームが沢山いて、評価がバラける可能性もありましたが、

その中で準優勝はとても立派だと思います(^^)


3位のアールグレイ...は、

連覇していただけに悔しいでしょうが、

それでもダンス力の高さは十分に見せつけていたし、

1番大人っぽくて良かったですね◎

曲が非常にエモーショナルだっただけに、

曲の方が強い部分があったかなと。



そして、他のチームも良いチーム沢山でした!

僕はBeat Amuseがすごく良かったと思ってます◎

すごく心に来ました。

感情と、動きと、空気感がマッチしていたように思いました。


あとは、

FACEも昨日は伸び伸びと踊れていて良かったし、ソロもかっこよかった!

CHILDREALもフレイバーばっちりで前観た時よりさらに作品の味出せていてかっこよかった!

2人のバランスも良くなっていました◎

TAKE IT OCTOPASも疾走感あってかっこよかったですねー。

OUKIくんは華ありますね。

Steelithe Legsも相変わらずかっこよかったですね!

前回観た時よりノッてました。

あとは、

GLANTSもカッコ良かったです。ソロに入るタイミングとかもったいない部分はありましたが、2人ともdopeで上手いなーとビックリしました。


この辺は僕は入賞チームと遜色ない点数つけさせていただきました。


他にも高得点をつけたのは、

Central EruptionssolBullets、ラグラス、BLOOM

ですね。

本当にみんな良かった。


Wild Kingsも良かったですねー

ピュアな感じすごく伝わってきました。


あとは、

LUCID, KNOW NO BOUNDS, PHAT CHICKS, 4HERO, 24/7, BUZZINE

なんかも観ていて気持ち良かったですね。

衣装とか振り付けとか流れとか、

良い感じのポイントが多かったです。

そのままクオリティ高めて頑張ってください◎


そして、

やっぱり愛(アムール)のリンドバーグは上がりますね笑

大トリに相応しかったです(^^)



そんなこんなで、

何を大切にするかは常に取捨選択だと思います。

ひとつを選べば、ひとつ諦めなければいけないと思います。

真剣にやるからこそ見えるものもあるとおもうので、

過程を美化して逃げることなく、

結果を自分でどう解釈するか、次にどっちに歩を進めるか、

それぞれで決めていただければと思います。



自分自身に挑戦し続けてほしいけど、

それはコンテストだけではないし、ダンスだけでもないかと思います。

自分自身の在り方を、自分で決められれば、

他人も素直に認められるようになるのではないかとも思います。


沢山のことを感じさせてもらいありがとうございました◎

感染症対策に追われながらも、

開催に漕ぎつけて、無事運営していただいた、

主催のサムさんはじめ、スタッフの皆さん、

MCのルパンさん、

一緒にJUDGEしていただいたKOUさん, KITOHさん, KENJIさん, HANA, 

ありがとうございました!!



ではでは。






posted by UC at 10:50| Comment(0) | UCの独断イベントリポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

DANCE DYNAMITE 2020 day1 結果とか


【高校生シニアクラス】

=優勝=

SFIDA


=準優勝=

kuruasa


=3=

ONEPIECE


=上位チーム(順不同)=

MEGAでる4丁目

MASH UP

Audioslave

nakid

BASTET

りともん.

saga+Newhype3



【小学生KIDSクラス】

=優勝=

FABLE


=準優勝=

Diva


=3=

kureamaria


=以下、上位チーム(順不同)=

SAVAGE

iriser

Little girls

Twin Fight

アミティー

GLEAM

Like it



DANCE★DYNAMITE、無事初日終えられましたね!

様々な感染対策の中、いつもとは違った雰囲気の中であり、

踊る側も踊りにくかったでしょうが、

みんなの魂のダンスはやっぱり生で観れると良いもんでした◎


僕は高校生クラスしか出られなかったけど、

KIDSクラスはFABLEが優勝!

おめでとうございます◎

令和になっても、東海のKIDSFORCEが強い!!

ということですかね(^^)

すごいですね。


準優勝のDivaは観たことないチームなので是非観てみたかったですね!

三重のチームなのかな?

おめでとうございます!


3位のkureamaria.は双子チームですね!

以前観たことありますが、スキルの高さが印象的だったチームですね。

こちらもFORCEですかね。

確かまだ低学年だった気がするから、末恐ろしいですね!



今日はSUPERKIDS中部予選と被っていたので、

東海のKIDSチームは多少バラけたでしょうね。

1番下にSUPERKIDS中部予選の結果も転載しておきますね。



そして、

高校生部門は最初から最後まで観れましたが、

高校生にしてキャリア数年以上のチームも多くて、

本当に安定感ありましたね。


優勝のSFIDAはスキルが高いということに尽きますね。

ヒットも強いし、ボディコントロールも細かく正確だし、

見やすかったです。


準優勝のkuruasa.も同じですね。

ダンス力の高さがシンプルに見やすかったです。


これだけ上手いのが当たり前のシーン、世代になっても、

そのダンス力の高さで入賞するのは本当に凄いことですね◎

作品は、きっと自分で作っているんだろうなと思ったので、

自分たちが本当に表現したいものが何なのかがよりハッキリしてくると、

もっと魅力的な作品を作れる様になるのかなと思いました。


ただ、自分自身を表現せずとも、

求められるものを表現できる能力の高いダンサーたちなので、

その才能を活かす場もたくさんあるよなぁと感じました。

自分の信じる道を進んでください。


3位のONEPIECEも寒い中、狭い中、頑張っていたし、

フリーズのクオリティなんかはbboyチームの中で1番でしたね◎

出演順35番で上位3チームとなったのがまたすごいですね。



他に印象に残ったのは、

MEGAでる4丁目

ですねー

僕としては1番突き抜けていたし、

イロモノみたいになっていたけど、ダンスでやっていることはレベル高かったし、

作品としても他のチームより伝わるものが大きくて良かったです◎


あとは、

HOUSEチームの男の子!(NAOKIくん)

エネルギッシュで身体キレていたし、どことなく土臭さあって、めっちゃ好印象でした!

思わずKENJIさんに名前聞きに行ってしまいました笑


MASH UPも相変わらず良い作品でステキでした。

ナチュラルだけどハイレベル、

最初から最後までスムースで良かったですね〜


nakidもダンスの上手さは伝わってきたけど、

もうひとつ深みを出せるかどうかですね。

ただ、自分自身ではなくても、作品の世界観を出すことがやっぱりうまくて、違う世界観でもスッと出せるのは実力の高さですね。


saga+Newhype3dope hiphopスタイルだったけど、

まだ完全にブレンドしきってない感じはありましたね。

ソロ回しの流れとかは好みな感じでした(^^)


Audioslaveも良かったですが、

僕の中では、初めて見たときの衝撃を超えられなかったかなぁ。

ダンス力の成長はもちろん感じました。



とにもかくにも、

高校生クラスのレベルは上がって来ているなぁと感じました。

それだけ中学から高校にかけてチームが続いているパターンが増えたんだなぁという印象ですね。


昔は、中学卒業したら解散してしまうスタジオチームが多かったですし、

高校になると離れ離れになってしまうパターンが多かったですし、

高校生で目立つダンサーは、チームよりも個人活動が目立っていたので、

高校クラスに出てくるチームが高校から始めてる人の方が多いかも?みたいなのが今までの流れだったんですが、

今回はそれ以上のキャリアの長いチームが増えていましたね。

それも時代の流れですかねぇ(^^)


どっちが良いとかではないですが。

今の流れの中で、KIDSより遅くからダンス始める人応援していますし


てことで、

同日に開催されたSUPERKIDS中部予選の結果です。

***

■U-9部門
優勝:DUCKHOOD(HIPHOP/東京)
準優勝:CLiMB(HOUSE/愛知)
※シード権は準優勝まで

 

■U-12部門
優勝:ShakaDelaBoo(HIPHOP/静岡)
準優勝:S’teez(BREAKING/愛知)
3位:有頂天ボーイズクラブ(HIPHOP/石川)
※シード権は3位まで

 

■U-15部門
優勝:HOT DAWG(HIPHOP/石川)
準優勝:Ragiata(HIPHOP/千葉)
3位:RUDE(HIPHOP/愛知)
※シード権は3位まで

 

■ソロ部門
優勝:TAICHI(HOUSE/愛知)
準優勝:URARA(HIPHOP/愛知)
※シード権は準優勝まで


***




ということで、

少し観ただけでもダイナマイトはやっぱり面白かったです◎

主催のサムさんはじめ、スタッフの皆さん、

そして、judge&MCの皆さん、

このご時世の中、開催を実現していただきありがとうございました!!


明日は自分もjudgeなんで緊張感もありますが、

自分の感覚フル動員して、

エントリー者へのリスペクトを基に、踊り手とも勝負するくらいの気持ちで精一杯臨みたいと思います!


よろしくお願いします。

ではでは。





posted by UC at 20:34| Comment(0) | UCの独断イベントリポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

富山旅行記〜まんだら、魚津、水墨&ガラス〜


どうもです。


あっという間に2020年も残り2ヶ月半。

今年は何もしていないなー

なんて人も多いんじゃないでしょうか?


こんなに世界的に変化のあった1年も中々ないですね。

このパンデミック状況を、

封じ込めがいいのか、

致死率、重症率を鑑みて蔓延からの抗体がいいのか、

ワクチンできれば本当に解決なのか、

0100かではないので、どの辺でバランスの線引きするのか、

誰にも答えは分からないですね。



答え合わせも結果論でしか出来ないですし。



ひとまず、

自分は個人として、世帯主として、

医療者として、組織の人間として、

それぞれの立場で筋のある行動していければと思っています。



ということで、

イベントがほぼ壊滅してしまってから、

世情や雰囲気もあって、

随分と自分記録用としての日記を書いてなかったですが、

風化させたくないし、先月の旅行記でも記したいです。



毎年9月は結婚記念日&タエさん誕生日があるので旅行の計画も多かったですが、

今年もシルバーウィークと重なっていたので、

まぁ近場(車で行けるところ)でどこか行こうかという計画となりました。


世間はシルバーウィークに加え、

自粛疲れとGO TOの空気も相まって、

同じようなこと考えている人が多そうだったので、

穴場スポットを探していたところ、

先日、東海KRUMPシーンのドンであり、

『昼はワイルド、夜はマイルド』でお馴染みのWild TwiggzことLoopzことEIGHTこと北瀬豊様より、

富山の『まんだら遊苑』をオススメしてもらっていたことを思い出して、

行き先を富山としました。



これが大正解でしたね◎

東名や名神など東西に伸びる道路は大渋滞だったみたいだし、

観光地も人人人だったそうなので。


僕らはNO渋滞、NO蜜、NOストレスで楽しい旅となりました(^^)



初日の土曜は、

俺が仕事だったため、仕事を終えてから岐阜の郡上まで行き、

次期郡上市長の呼び声高いモテタカ氏と会合をしました。


7520E31E-20FB-4EEA-8328-18A894911EDE.jpg


彼のクルーメイトであり、SKEGON DANCE STUDIOの長であるSKEGONくんも駆けつけてくれて、

郡上の夜を楽しみました◎

みんなで田中家に泊まり込み、しこたま飲んで、ダンス映像と、珠代映像で盛り上がりました(^^)

パンティーテックス


そして、

今年に入り本格活動しているモテタカ氏自慢のスパイスカレーを食すことなく、

翌日富山へと出発しました。



KAWAZU 2020(@kawazu.2020) • Instagram写真と動画

モテタカ氏スパイスカレー『KAWAZU』インスタアカウント



日曜のこの日の目的地はさっそく『まんだら遊苑』。

その前に途中で射水市によって『富山ブラック』を食しました◎


5B0D9225-0CE7-4215-8D4F-30C4401C0545.jpg


初富山ブラックでしたが、

濃い味付けで美味しかったですね(^^)

リピーターとなるかと言われれば分からないけど。


お腹を満たして、

一気に立山まで行って『まんだら遊苑』へ。

“地獄巡りができる公営施設”

中々パンチが効いてますね笑


地界(地獄)、陽の道、天界、闇の道、の4つのエリアに分かれていて、

地獄から、陽の当たる道を通り、天界へ行き、闇の道から現世へと転生する、

というストーリーらしいんですが、

どのエリアもそれぞれに面白かったですね◎


A8EB264E-5568-4120-B40B-585094CE74A9.jpg


FFD29B15-EDC6-4060-A214-31479F1E23EA.jpg


C30132A5-593B-4C78-8E9C-02F3C06A846D.jpg


7DB6E03E-830E-49F5-A4F6-6D97B9F29171.jpg

0EBF43E2-E9B8-4636-A8D5-314B769483CF.jpg


五感で地獄を感じるということで、

様々な表現の地獄が繰り広げられていました。




そして、

陽の道は、山や川、花や風、こちらも五感で自然を感じるまさに現世の道。


6EDEF3F5-D869-47B8-BE17-D535BEEDD6B2.jpg


C642B7E1-05A8-4ADC-9457-E871A05370AE.jpg


63CF42A9-3D95-4821-8966-FB13315672D2.jpg


A72A72CD-9B79-4E63-83AF-1453AB3846E7.jpg

1474905F-0912-4806-A002-20BDAE490A4B.jpg


その後に昇る天界は、

それぞれの表現者たちの作品が一部屋を通して見ることが出来ました。

じっくり鑑賞したいところでしたが、

ちょうど後ろの団体がしょうもない人たちだったので、

ゆっくり観れなかったことが残念でした。


67672EAB-9874-4DD3-BA1C-D4574B5E2E9B.jpg

D6AF011A-48C5-455A-A96F-E66CD2FC4A04.jpg


BDB2692B-182C-4CC3-B706-1F7918441461.jpg


82AE1A2F-9C91-4973-9396-9097A684A6CE.jpg

4A66BC1B-545D-494E-9030-C39929CB4C1E.jpg


瞑想エリアのドームは、

新型コロナ対策で中には入れなくて残念だったけど、

良い佇まいでした。



最後の闇の道から、外へと開ける瞬間もすごかったですね。

あれはタイミング命ですが。

知らずに正面からしっかり開かれれば、本当に生まれ変わった気持ちになれるかも?!


俺は最初に飛び込んできた景色がトイレマークだったから少々げんなりしてしまいましたが笑



ざっくりとこんな感じでしたが、

『まんだら遊苑』はかなり良かった(^^)

オススメです!

空いていたのも良かった笑



ということで、

立山から富山市に移動し、

富山の街をブラブラしつつ夜は良さげな居酒屋『吟魚』へ。

ここも正解の店でした◎

料理は美味いし、日本酒も揃ってるし、雰囲気も良かった(^^)

名古屋じゃ中々食べられない食材や調理のものをたくさん食べられて大満足でした!


日本海のの海鮮、刺身はもちろんのこと、

タコのすり身団子と茄子田楽は優勝でした◎



満足して富山の繁華街を歩いていると、

商店街でステージライブしていました!

平均年齢5060代くらいのバンドでしたw

後から調べると、地元では有名?なハードコミックバンド『三代目馬図ー化ー』でした。


面白かった笑


グッズのタオルまでもらい、数曲楽しませていただきました(^^)

こういう一期一会的な出来事は旅先の楽しみのひとつですね。


EF40F4C9-386D-4C10-A732-2BFD56D53C8F.jpg

8E6ABC3B-6259-48F3-ADFB-099C4BF9455F.jpg

(富山の街中で、グッズのタオルを首からかけて佇むタエコバドゥ)



というわけで、

富山初日の夜は更けていき、

翌日の月曜は、富山市から今度は魚津市へ。

レンタサイクルで、海沿いをサイクリング!


E7027D3D-DDE2-4E07-AB60-CF59E72E7127.jpg


気持ち良かったですねー


376FF265-B745-4A6B-B240-94EF2A63148D.jpg

5C47FE56-166C-4A6C-AB7E-ACEAAFD8C335.jpg


途中で立ち寄ったモツ煮込みうどん店『梅乃家』もめっちゃ美味かったです!


梅乃家 モツ煮込みうどんレポート byタエコバドゥ



入場無料のテーマパーク『ミラージュランド』は子どもたちが元気に遊んでいました◎


FC0A807B-D9A6-41CB-94FB-3E1F00EBD4A1.jpg


そのまま滑川まで自転車飛ばして、

『ほたるいかミュージアム』へ。


C36F5539-6621-4684-AD66-841C272ADFD0.jpg


1A456231-C36B-4283-8D20-F1A8209EE839.jpg


神秘的で良かったですね(^^)

オフシーズンの為、本物のホタルイカは見られませんでしたが、

まぁ急遽行ったにしては楽しめた場所でした。


また魚津市に戻って、

エイトからもうひとつ勧めてもらっていた『埋没林博物館』へ。


4707AC53-63C5-4C51-B019-039761A559A4.jpg


こちらも自然の雄大さと不思議をふつふつと感じさせてもらえる博物館でした。


01EDC293-1DEC-443E-8A32-D96F3354B666.jpg

263BE853-42BC-402E-9EBA-6075E5F045B9.jpg


さらに魚津が蜃気楼の街ということで、

蜃気楼についても色々学べたのが面白かったです◎


DDCB3379-868F-48F5-B051-5A1C30269DD6.jpg


いつかホンモノの蜃気楼見てみたいですね!

あるものを歪め、ないものを見せる。

ダンスと一緒ですね☺︎?!


C9F29A4B-B1F3-4565-B3E0-DDB0D7B9106A.jpg



蜃気楼にはロマンが詰まっているなぁと、

魚津の海辺でサンセットを臨んでいたら、

地元のおじさんに話しかけられて、しばしお喋り◎

訛りすぎてて7割くらい分からなかった笑

そんな一期一会もありつつ、

夜は金太郎温泉へ。


4B90AFDE-D39F-4F60-85E6-A2588E53AFF2.jpg

F0D0DFB6-BB79-4F90-A580-F93B534C549C.jpg


久しぶりの温泉は気持ち良かったです(^^)

夜の会席料理も落ち着きました、歳とった証拠ですかね笑


まぁ部屋戻ってさらに酒盛りしちゃったんですが、

富山はチャンネル数少なかったので、

また珠代観たりしながら笑

まじ姐さんの沼地にハマって出られない1週間でした笑



てことで、明けて火曜。

富山最終日は、富山市に戻って美術館巡り!


B4EB1DBA-889D-455E-B4A0-AF791D3597CE.jpg


まずは『富山県水墨美術館』。

水墨画を扱う珍しいコンセプト。

これが面白かった。

奥が深いですね。


411B8D0E-0CE7-4195-ACAC-14193F4A3786.jpg

5C03D8DC-7D02-4EC6-A692-E08294DEA18E.jpg


水墨画ってうっすらと雪舟ぐらいしか知らなかったですが、

雪舟が中国より持ち込んだ水墨画の滲みの美学が日本人の感覚と合ったのも良く分かるし、

そこから流派も色々と生まれていて、

日本独自の文化となっているなぁと感じました。

横山大観とかも名前は知っているけど、

改めて作品見るとやっぱりすごかったです◎


下保昭氏の表現への拘りもステキだったし、

「自然界のエネルギーと東洋的な無常観を表現する独自の水墨画」と評されるその作品はエナジーありました。


観たものを描くのではなく、

観たものから感じた心を描く。


踊りもそうでありたいし、

それが伝わる踊りをしていきたいですね。

その為の技術ですね。



ついつい水墨画美術館で長居してしまいましたが、

次は『富山市ガラス美術館』


8C8D8EAA-9983-4532-B43A-2B5A4054EBAB.jpg


ガラス作品の美術館。

こちらも尖ってますねw


ここでなんとたまたま富山に来ていた御RIEちゃんことGohrieちゃんと合流!


128CC63C-398F-41B8-9F01-EEE67A2F75BF.jpg


旅は道連れw

3人で仲良くガラス美術館観ました☺︎


企画展は『ミクロコスモス』も悪くなかったですが、

『内と外』、『イヴァナ・シュラムコヴァ ここにあるもの』が面白かったし、

常設展の『グラス・アート・ガーデン』

もかっこ良かったですねー◎

企画展の期間延長していてラッキーでした!


AEEDC50C-AC9D-412B-93F6-78D7D2F2364A.jpg154DB1AE-8E6F-4978-A842-70A76075FD03.jpgFE055EF2-F981-409D-95AE-21E1A7CFB8F9.jpgD5F1AAFD-A648-43AC-89FB-0458E0B6126F.jpg



アップは出来ないんですが、

デイル・チフーリ氏、さすが巨匠と呼ばれているほどの御方ですね。

単純にカッコ良かったです!



結局、良い作品ほど撮影禁止でして、

まぁそういうもんだよなぁと。

鑑賞した時に感じたイメージをなるべく留めておきたいですね。

大体忘れちゃうもんなんですが。

でも、きっと奥底に刻み込まれているはず。



とか何とか言いながら名古屋に戻ってまいりました。

自然もアートも食も、五感フルに刺激してもらえた楽しい富山旅行でした◎

ありがとうございました☺︎


最後に、

結婚12周年、健康で仲良く迎えられて良かったですm(_ _)m

タエさん、いつもありがとう◎

これからもよろしくお願いします(^^)



ではでは。

posted by UC at 21:06| Comment(0) | 旅行記・遠征記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

11/7,8(土日)DANCE★DYNAMITE 2020 at OASIS21(名古屋)

49112A56-0FF0-410C-871D-3C7E976A828C.jpg

.
来月、11/7,8はDANCE★DYNAMITE 2020です!
1991年から続く東海最古のダンスイベント☺︎
30周年となる今年はコロナ禍で延期していましたが、
何とか秋開催で間に合いました!


てことで、
今年は予選無しの当日一発勝負!!
色んな意味で歴史に残る今年のダイナマイトチャンピオン、
是非狙いに来てください◎

東海ダンサーのほとんどが経験してきた登竜門であり、
自身を表現する開かれた場所です!
令和となってもその火を灯し続けましょう◎


野外開催ですし、ガイドラインに則って感染対策もしっかり施して開催されると思いますので、
観戦もしっかり盛り上がるといいですね😊


僕は中学生クラスとOPENクラスをJUDGEさせていただきます!
真摯にフラットに責任感持って楽しみたいです◎


詳細、エントリーは、
ダンス★ダイナマイトHPから!

↓↓↓

.

よろしくお願いします

******
DANCE DYNAMITE 2020
11/7(土)11:00-17:30
・小学生KIDS CLASS
・高校生SENIOR CLASS

=JUDGE=
AGATCHI(TEAM/YAMAKAJI)
SASA(DANCE STUDIO 33)
NAOKI(ビジュアルアーツダンスコース担任)
TARO(dancing base ZENITH)


11/8(日)
10:00〜17:00
・中学生JUNIOR CLASS
・一般OPEN CLASS

=JUDGE=
KITOH(FORCE DANCE STUDIO)
KOU(CAKRA DANCE COMPANY)
KENJI(PINOCCHIO/CLOVER DANCE STUDIO)
UC(daft/INDIAN CREW)
HANA(ケロケロステッパーズ/PINOCCHIO)

******


posted by UC at 12:05| Comment(0) | UCのダンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

ALL JAPAN CHALLENGE CUP 2020 中部予選 結果とか


U-15部門】

優勝:Jane Ranks

準優勝:ラグラス

3位:Legame


U-12部門】

優勝:Flowin

準優勝:FLICKER

3位:XTAGE


U-9部門】

優勝:a-my

準優勝:kureamaria.

3位:CLiMB


【ソロ部門】

優勝:TAISEI

準優勝:HANA87

3位:URARA



今回も良いダンスたっぷりでした!

どの部門も接戦でしたね〜

裏を返せば抜けてるチームが少ないとも言えるかもしれませんが。


U-15部門は、

優勝のJane Ranksは、8月のsuperkidsで初めて観ましたが、

その時よりもさらに伸び伸びと踊れていて良かったですね!

しっかりとグルーヴ見せれていてかっこよかったです!


準優勝のラグラスも、

8月のsuperkidsでも観させていただきましたが、

さらに力強くなっていたし、短い期間でネタ変えられるのも練習量感じましたね。


3位のLegameは、ある意味1番チームダンスらしさというか、

全員で同じ方向性見ている感じが強く出ていて良かったですね。

グッとくるものがありました!


他にも、

ASTROSの攻めの姿勢も良かったですし、自分たちでネタ作ってそうな感じも好印象でした。

FACEも良い感じに脱力も出来ていてHIPHOPらしさ出ていて良かったですね◎

BLOOMも前半は少し固かったですが、ソロは力強くなっていて良かったですし、

Lunetteも唯一のWAACKチームとして、しっかりまとまっていましたね。

MCROSSも集中力の高い作品最後まで見せ切ってたと思いますし、

SLIMEもカラフルで楽しそうに踊れていて良かったですね。

Hi-Evoもパワフルなパワームーブでかっこよかったですね。

それぞれ得点を取れたことを誇って、次に繋げてください!


それ以外で印象に残っているのは、

Steelithe Legsは前回同様渋くてカッコイイshowでしたが、

少し踊りにくそうな感じがありましたね。

ZAADもハイパッションな感じが良かったですね。

少し短い印象もあったので、制限時間まで余裕あるならもうひと展開つけられそうな感じもありましたね。


あとは、

ハイエナジーでパワフルだけど、

曲の緩急と少し合っていなかったり、

繋がりが微妙だったりしてもったいないなーていうチームがいくつかありましたね。


そして、

U-12部門では、

優勝のFlowinは深い音取りとdopeな質感が良かったですね!

僕は特に1曲目が好きでしたねー◎

準優勝のFLICKERは、作品がかなり良かったと思いました!

メンバーも入れ替えがあるとは思いますが、たった1年でめっちゃ大人っぽくなりましたね!

すごく良かったです。

3位のXTAGEは、90'sベースでグルーヴありきのバラエティ豊かな展開で観ていてずっと飽きなかったですね!

個人的に選曲も好きでした(^^)


あとは、

S’teezは細かいミスがいくつか目立ちましたが、エンタメ性高い作品は何度も観ても気持ちがいいですね!

有頂天ボーイズクラブはまさにREP名古屋スタイルで面白かったですね☺︎

SURも伸び伸びと踊れていたし、

LUSTは尻上がりに上げていく構成でエナジー伝えていたし、

Adelheidも世界観しっかり出して踊れていましたね。

米田兄弟は、今回出場の全チームの中で1番ピュアなパッション見せてくれたと思います。

チームカラーも、キャラもしっかり立っていて面白かったです◎

帽子のアクシデントも、ステージ真ん中にずっと裏向きで落ちていて、路上パフォーマンスみたいになってたのもシュールで笑えました笑

特にお兄ちゃん良い感じだったのでこれからも頑張ってください(^^)


それ以外で印象に残っているのは、

Gantsのバスタメドレーも良かったですし、まだまだ突き抜けられるポテンシャル感じましたし、

Hi peepooも凝った構成で面白かったし、最後まで走り抜けてましたね。

COMETも久々に観れて良かったし、もっとこの作品踊りこなせる余白を感じました!

Leap upも良いshowでしたが前回より少し入り込めなかったかなと感じてしまいました。

iriserも集中していて悪くなかったんですが、テンション上がり切る前に終わっちゃった感じが少ししました。

Slinkyの緑の子がすごく良い踊りしていたなぁと思えたし、

美美の跳び蹴りも良かったですね(^^)

Bymoの前半も振り付け面白くて印象に残ってますね!


U-15同様、前回のsuperkidsにもチャレンジしていたチームが結構いて、

二回観れたチームが多かったのは嬉しかったですね◎

やっぱり1回じゃ作品の全部は観れないですからね。

何回も観れる機会があるのは嬉しいですね。


そして、

U-9部門は全チーム良かったです!

優勝のa-myは、上手でした!

ここからタメとかも作れるようになっていくとさらに味も出るし、末恐ろしいですね〜

準優勝のkureamaria.は音源トラブルにも負けず集中切らさず踊り切っていましたね。

3位のCLiMBは振り付けがカッコ良かったです!それを素直に踊る皆んなもステキでした(^^)


それ以外では、

LINKも凝った曲編が印象的でしたし、最後までしっかり踊れていましたね。

FUTUREは白(シルバー?)の髪の子がすごく気合い入っていて良かったですし、

シルエット面白い振り付け多くてワクワクしました!

MAMのお団子の子も上手でしたし、全員身体の柔軟性うまく使えていて良かったです!

Baby Roseも後半のブロードウェイ?的なアプローチが可愛くて良かったです◎

Queen Girlsも本当にあの柔軟性は羨ましいとともに、努力を感じられて良かったです。


本当にみんな良かったです◎


最後にソロ部門は、

TAISEIくんが持ち前の身体能力とスキルの高さを見せつけて優勝でした!

準優勝のHANA87ちゃんは、

去年はチームではHIPHOP、バトルではPOPを踊っていたのに今度はLOCKでソロshowとは!

何踊らせても上手で本当にびっくりしました。

3位のURARAも余裕を感じさせるSHOWでカッコ良かったですね!


あとは、

心ちゃんも1番作品としてはまとまりのあるソロshowだった(欲を言えばもう10秒欲しかった)と思いますし、

suisuiちゃんのスムースな踊りもとても心に響きましたね!

kanatyくんもピュアなダンスとても良かったですし、

KAIGAくんのbeatアプローチもバッチリでしたね。

mokaちゃんも徐々に緊張ほぐれて良い踊りしていましたね。

KYOくんもフリーズからもっかい持ち上げた時はテンション上がりましたね!


それ以外で印象に残っているのは、

KAKOちゃんのモアナですね!笑

もう会場中全員が保護者かのような空気でとても心洗われました!笑



他にも色々ありますが、

長くなるのでこの辺で。

また何かあれば聞いてください。ディスカッションしましょう〜


今回は、

会場側が音量調整してくれていて、

音が小さいとある程度まで上げてくれていたんですが、

そのせいでか音がやや割れている音質の悪さがやっぱり感じられる場面が多かったですし、

曲を変えるタイミングがイマイチなチームもちらほらいたので、

やはりその辺はすぐにでも改善できる点だと思うので、

みんなで勉強して改善していきましょう!



今回も生でダンス観れて良かったです◎

入賞チームの皆さん、ありがとうございました!

一緒にJUDGEしてくれたYUSUKE333usako、ありがとうございました(^^)

MCのシバケン、スタッフ、大ちゃんも皆さん、ありがとうございました!!


ではでは。

posted by UC at 15:19| Comment(0) | UCの独断イベントリポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

9/26(土)LIBERTY at club MAGO(名古屋)

B8AB4F7B-A2B5-43EC-A623-ACB37C2F81E6.jpg

センバさん&リカルドさんが仕掛けるパーティー!
皆さん、良い音楽浴びて、パーティーしたくてウズウズしていると思います。

各地で少しずつ対策講じた上でパーティーが開催され始めまひたが、
MAGOにもダンスパーティーが戻ってきましたよ◎

しかも、
それがSENBAさんのパーティーとなれば面白さは保証付きですね!

SHOWもゆるく熱くカッコイイ人たちがしっかり盛り上げてくれますよ!
僕もタイミング合えばしっかり踊りたいと思います(^^)

この日限りのshow見せられたらと思います!
健康な人、予防策守れる人は、
是非遊びに来てください☺︎

******

LIBERTY
2020/09/26(sat)
22:00〜MID

at club MAGO

=DJ=
TETSU aka Daddy-1
HIROYUKI
T2
SENBA

=DANCE=
Kitoh & Hilototti &UC and more
KAZ & TAKE & T2 from 10GAME
SENBA & Ricardo & DE LA YAS

******
posted by UC at 12:28| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

ALL JAPAN SUPERKIDS DANCE CONTEST 2020 中部予選 結果とか


【中学生部門】

=優勝=

BLOOM(HIPHOP/静岡)


=準優勝=

無名(HIPHOP/京都)


=3=

Steelithe Legs(BREAK/愛知)



【小学生部門】

=優勝=

Twin Fight(LOCK/愛知)


=準優勝=

DOUBLE FOREST(HIPHOP/京都)


=3=

エル&ミル’s(BREAK/愛知)



久々のコンテストJUDGEでした!

やはり生で観るダンスは最高に面白かったです◎


感染症拡大予防対策の為に、

様々な制限がある中での開催だったので、

今まで通りとは行きませんが、

それでもみんなで対策守りながら、

こうして開催できたことは本当に良かったと思います!


出場者、観覧の皆さん、ありがとうございました◎


そして、

ぱおさん、大ちゃんはじめ、STAFFの皆さん、

一緒にJUDGEしていただいたNORIさん、TERAくん、

MCSHIBA-KEN

ありがとうございました!


2年前のチャレンジカップと同じメンツでのJUDGEはお久しぶりなのに、安心感もあり、

とても楽しかったです(^^)

勉強になることもたくさんでした!



ということで!

中学生部門は、レベル高かったと思います!


一番手からすごくかっこ良かったし◎

そのおかげで、平均点上がってしまって、順位選ぶの大変でした!


トップバッターのJane Ranksも、

その次のGLANTZも、

とても高いポテンシャル、伸びしろを感じました!

場数や経験積んでいけば、さらに良くなると思います!

あと、Ja Neyも伸びしろですね。

体力というかペース配分も場数によりますからね。



あとは、

HOUSE勢がみんな気持ちよく踊っていて良かったですね!

その中でも、

アストロズはステップもフロアも安定していて身体のキレと体力に脱帽でしたし、

BLOOMもフィメイルボーカル縛りでとてもスムースでナチュラルな踊りしていましたし、

ラグラスもチーム歴浅いのに、すごくHOUSEらしさが滲み出ていてめっちゃ良かったです。

Flavaも、最初は硬かったけど、徐々に伸び伸びしてきていて、自分たちだけが出せるカラー感じさせてくれたのでこのまま突き進んで欲しいです。


昨日はOLDのチームが少なかったですが、

その中でも、

BREAKSteelithe LegsHi-Evoもアプローチは違えど、

どちらもBREAKの魅力たっぷり魅せてくれて好物でした!


フットワーク中心に、フロアですら音を体現できるSteelithe Legsには何度も声漏れたし(声援禁止ですが)

Hi-Evoのパワームーヴももう単純にすごい!

オーバーサイズのセットアップも似合っていました◎


そして、

唯一のPOPチームCentral Eruptionsもまた成長が見えて良かったです!

特にMiuちゃんが上手くなったなーと感心しました!

ネタとしては、3曲のバランスというか、相性が少し勿体なかったかなーと思いましたが、新ネタ観れて嬉しかったです(^^)


唯一のLOCKチーム4 Un Limitedもめっちゃ成長感じました!

そして、選曲とか前よりも好みな感じでした。

まぁこれは人それぞれなんで、自分たちでこれからも踊りたい曲で踊ってもらえればと思います。


そんな感じで、

HIPHOPが多かったわけですが、

今やHIPHOPも様々でアングラ系からスタイル系からJAZZ要素多めだったり、90’s系だったり、

一括りには出来ないですね。


優勝したBLOOMは、

伸び伸びと踊っていたし、2曲目がオシャレで誰の曲かめっちゃ気になりました笑

そしてコーヤくんはあのまま壁に激突していたら僕はプラス10ポイントでした笑

とにかく、入りからしっかり空気感出していて良かったです。


そして、

準優勝の無名も、とても粗削りでしたが、

それがめっちゃ好感持てました!

これは絶対自分たちで作ってるなーて思う感じの、

ノリと勢いが良かったですし、

帰りにたまたま会って聞いてみたら自分たちで作ったってことで、

さらに好感上がりました笑


別に他人(先生)の振りを踊るのが悪いわけではまったく無いですが、

誰の振りであったとしても、やっぱり自分たちで選択して、自分たちで踊っているというのは純粋に伝わってくるものがありますね。


そのピュアさが美しいし、予定調和だけがキレイなわけではやっぱり無いですね。


CHILDREALなんかもワクワクさせていただきましたが、

ライブ感あるネタは、今回みたいな声援禁止の異様な空気感の中でどうカマしていくのかは、

またアーティストとして成長出来るタイミングかもしれませんね!



あとは大人数チームも結構いましたね!

大人数のチームはスタイル系なんですが、

選曲がある程度読めちゃうっていうのはやはり諸刃の剣ですね。

Ragiataの気合いは印象に残っているし、

D.I.Gの構成も流れ良かったですね。

HOT DAWGのシャツの下のTshirtが誰のかがめっちゃ気になりました笑

KNOW NO BOUNDSのバク転の彼が1カウント余らせたところとかもライブ感あって最高でした◎


そんな中、

我羅阿児の盛り沢山な感じは他にないアプローチで構成の見せ方とかも良かったですが、

ちょいちょい挟まれるハウスステップとかリズム系が逆に浮いて見えちゃいました。

乱暴に言えばアクセントとグルーヴの両立よりもどちらかに振り切った方が作品としては面白いんじゃないかなと思いました。


Einzも独自のカラーがあって良かったですね!

裏切ってくる部分?をスピードアップ以外であるとまたグッと引き込まれるんでしょうか。

僕も裏切り方のパターン増やしたいです。



ということで、

入賞させたいチームがたくさんいました!

まだまだ予選は続くので、

是非引き続きチャレンジして頑張ってください!



小学生部門は、

唯一のLOCKチームだったTwin Fightが優勝!

かなり詰め込んでいて、キレもあって、最後までパワーダウンせずによく踊りきりました!!

素晴らしい◎


そして、

準優勝のDOUBLE FORESTはとにかくうまくてビビりました!笑

入りで掴まされましたm(_ _)m

衣装も似合ってたし、(良い意味で)小ダサい感じも良かったです。


3位のエル&ミル’sは、ちょっと本調子じゃない部分もあったかと思いましたが、

それでも入賞する強さがすごいです!

やっぱりあのエアーでのピッタリ揃ったルーティーンは芸術ですね◎


それ以外もかなり接戦でしたね。

JUDGEも割れに割れたので。


一発目のSURもピュアに踊っていたし、

体操座りフリーズ良かったですね笑

靴脱げるアクシデントもかわいかったです笑


Lazuliの前半も良かったですし、

ViViAngeも丁寧に踊っていましたね。最後のDon't wanna Feelin Loveはなんでー?!てなっちゃいましたが。

もちろん好きな曲ですが。


Leap upも最初のアラブ系RAPが良かったですねー!

ダンス力もすごく上がっていました!


WILLOWSはスタイル系のチームには珍しく音圧しっかり出てました☺︎

Bull Haughtyも振りにセンスありましたねー

ソロでHYPEし出したのにも笑いました☺︎

BASEMENTも曲編集凝っていてNICEでしたね。

ダンス力はこれから躍り込んで上げていってください!


GLANTZもテクニックは高かったですが、

ちょっと同じニュアンスが多かったかなぁという感じでしたね。

S'teezもチーム力あって飽きない展開で良かったですね。

特にbgirlの子の瞬間のトップロックに心打たれました◎

iriser2曲目のイントロも好きでしたね。


その他も色々ありますが、

まぁまた詳しくは会った時にでも聞いてください(^^)



とにかく、

皆さんのダンス観れて本当に良かったです!

早く大騒ぎしながら踊りあえる日が来るといいですね。


改めて、

皆さん、お疲れさまでした!!


ダンスチャンネル ALL JAPAN SUPER KIDS DANCE CONTEST 2020 中部予選 全国スーパーキッズダンスコンテストALL JAPAN SUPER KIDS DANCE CONTEST


posted by UC at 23:00| Comment(0) | UCの独断イベントリポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

名古屋DANCE HISTORY 2部作 初版完


どうもです。

5月より、
noteの方で細々と記し続けてきた名古屋ダンスヒストリー記事ですが、
第二弾の”名古屋&daft STREET DANCE HISTORY“も、
先日upした2010年までの振り返りでひと区切りとしました。

長々お付き合いありがとうございました!
第一弾の”名古屋STREETDANCE HISTORY“で振り返りを始めた1990年から述べ20年☺︎

見れば見るほど、
色んなことがあったんだなぁと思いますね。

その人にはその人の、その土地にはその土地の、その年代にはその年代の、
それぞれ歴史があるものですね。


自分に関しては、自分含めて昔を振り返ることで、
この先何していきたいかが逆にハッキリした気がしました!
気付きもアイデアも出てきたので、良い機会になったかも。
視野は常に広く持つべきですね(^^)


というわけで、
過去記事も、事あるごとに更新していたりするので、
是非何度もゆっくり観てみてください!笑

あんな人やこんな人のレアな写真や出来事も乗っていて、
名古屋に少しでも所縁のある方は色んな発見があって面白いと思いますよ!

そして、
皆さまからの色んな情報もまだまだ募集します☺︎


1990〜2002


2003〜2010


情報協力、拡散協力していただいた皆さん、
読んでいただいた皆さん、
これから読んでくれる皆さん、
ありがとうございました!!

次はこれを製本することを目標にのんびり頑張ります笑


#名古屋streetdancehistory  #名古屋daftstreetdancehistory #dancehistory #ucdaft

posted by UC at 21:53| Comment(0) | UCのダンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

7/25(土)ポンコツNight アホな顔して at TRANSIT(名古屋)

365487A7-87B9-412D-8F91-EA042710B3B9.jpg

名古屋の若大将KAZUfreakが浜松、大阪の仲間たちと仕掛けるイベント!

コロナ対策もバッチリということなので、
バトルしたくてうずうずしている人たちも、
良いSHOW観たくてうずうずしている人たちも、
是非遊びに行ってみてください!

普段でもこれだけのメンツが名古屋に集まるのはそうそうないでしょう!
ていうくらい、かなり豪華なメンツが集まっています◎
全国レベルのHIPHOPが名古屋に集結します!

自分の場所は自分で作り、自分で守りましょう〜


バトルエントリー&観客の上限もあるので、
エントリー、チケット予約はお早めに!!

↓↓↓
【エントリー方法】
ponkotsu.hiphopbattle@gmail.com
(件名)7/25エントリー
(本文)1.ダンサー名、2.レペゼンチームor地区、3.電話番号

※メール返信を持ってエントリー完了とします。



******

7/25 (SAT)に大阪Junya&Youki&YU&NAGAMUNE
名古屋KAZUfreak 浜松YUUSHIN
東京Takuyaの7人で
名古屋TRANSITにてイベント初開催!!! 
HIPHOP音源ONLYのALL STYLE BATTLE に
TEAM SHOW CASE & SOLO SHOW CASE
などなどコンテンツ盛り沢山!

メインコンテンツのHIPHOP BATTLEのエントリーを6/1からスタート!
限定100名になるので事前エントリーお早めに! 

事前エントリーは7/20 0:00まで!

[ポンコツ NIGHT アホな顔して]
2020.7/25(SAT) 

OPEN 23:00 
CLOSE MID NIGHT

BATTLE ENTRY 23:00〜23:45

ADV.\2500+1D
DOOR.\3000+1D
ENTRANCE \2000+1D

@ TRANSIT

[SHOW CASE]
ポンコツCREW
ローラメット
CHIERI + SHOKO
Charlie Brown
京介 from JAM
MAStA7R1 aka Masanari Tsuji
Youkey from Half in Fun'k / DIZZLEZ
secret guest 

[BATTLEルール]
•第一予選
オーディション形式 →20人PICK UP
•第二予選
勝ち上がった20人でサイファー →4人PICK UP
•BEST4〜決勝
トーナメント 

[賞金]
\10.000 + 協賛商品 

[JUDGE]
•KAZU freak (A.R.E.S)
•Junya (OSAKA)
•Youki (Atrandom)
•YU (白ごはん)
•NAGAMUNE (白ごはん)
•YUUSHIN (S.kitchen)
•Takuya (S.kitchen)

[MC]
•LUPIN

 [BATTLE DJ]
•kattun 

[DJ]
•haruchance
•@kihito


******
E7AC041A-97CA-450F-96B6-D121EF871BDD.jpg


posted by UC at 19:01| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする